競売を防ぐために必要な事

一軒家

滞納する前に弁護士に相談

住宅ローンの支払いができなくて滞納すると、最終的には強制的に競売にかけられます。競売では市価の3割程度安く売却されてしまうので非常に不利です。注意すべきは銀行から催告書が届く前に、任意売却の手続きを取ることです。これによって競売を避けることができます。任意売却の手続きは弁護士に相談すればしてもらえるでしょう。東京などでは任意売却専門の相談できる場所がありますから、それを利用することもできます。最寄りの弁護士事務所がわからない場合は、地域の弁護士会に相談すればアドバイスをしてくれるかもしれません。東京に住んでいて任意売却をすれば、それなりの値段で売ることができます。場所によっては高く売れることもあるので、競売になる前に手を打つことです。

退去せずに住み続ける方法

任意売却のメリットとしては、場合によっては同じ住居に住み続けることができる点にあります。任意売却の特徴は自分の意思で売却できるということなので、通常の不動産売却と同じように値付けをすることができるでしょう。高く売れればローンの残債を帳消しにできる可能性もありますし、引っ越し費用を捻出することもできます。また住み続けたい場合の方法として、親族間や親子間での売買があります。買い戻しとも呼ばれますが、親族や親や子に住宅を買い取ってもらう方法です。そして家賃を支払いながら住み続けることができるわけです。この場合銀行などに断られる場合もあるので、弁護士などの専門家に委託した方がスムーズにいきます。

Copyright © 2016 中古マンションならお得に購入できる|人気の街に住もう All Rights Reserved.